シーボン.オンラインショップ 化粧品通販サイト コスメ・コム shop HABA ONLINE 中島香里のクリスタルジェミー .net
オルビス All About COCOMO ディセンシア セブンネットショッピング


スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
あるメーカーが「顔の各パーツが見た目年齢に何才影響すると思いますか」

という調査をしたところ、歯がくすんでいると実年齢より

6.97歳も老けた印象に見えるとの結果が。



歯の印象だけでそんなに違いが出るものでしょうか。



確かに想像してみると、キレイな顔の人が笑った時に

見えた歯が黄色いと何だかショックだし、老けて見える・・・。




若いうちは、歯の表面を白いエナメル質が覆っていますが、

年齢とともにエナメル質がはがれていき、

その下にある黄色い象牙質が見えてくる。

そのため、歯の黄ばみ=高齢というイメージになるのでしょう。






できれば自力で歯を白くしたいけど歯の黄ばみには、

人それぞれ原因があるので、セルフケアではなかなか難しい。

そのためには予防法が大事なんだとか。






予防のポイントは、口の中を“中性”に保つこと。

人間の口内は唾液の働きで中性の状態を保っていますが、

食べ物を摂ると酸性に傾きやすくなる。


長時間口の中を酸性にしておくと、歯の表面が柔らかくなり

色素もつきやすくなるので、ダラダラ食べ続けたり、

何度も間食をしないことが大切。



また、炭酸飲料や酢、ワインなど酸性度の高いものを飲んだ時は

最後に水を飲んだり、口をすすいだりするといいでしょう。




ただし、食後すぐの歯磨きは、酸によって柔らかくなってしまった

歯表面のエナメル質を削ってしまい色素をつきやすくさせる可能性も。


口内が唾液の力により中性に戻る食後30分ほど経った頃に

歯磨きをするといいんだとか。




また、歯の白さだけではなく、“歯茎の血色”や

“ほうれい線の深さ”といった、口元も見た目年齢に影響するそう。





歯磨きをし終わったあとにでも、毎日研磨剤の入っていない歯磨き粉を

指につけ、歯茎と歯の境目をくるくる押しながらマッサージすると、

血行が良くなり健康的なピンク色の歯茎をキープできる。


ほうれい線は、口内から舌でほうれい線を

押し上げるようにすると徐々に薄くなるようです。





維持するって大変な事ですが、

老いて見えない為にも努力はやはり必要ですね・・・。








2時間で歯が白くなる



美容 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。